メニュー 閉じる

日本だとTHCが含まれているかどうかが安全性の基準

日本だとTHCが含まれているかどうかが安全性の基準

世界の様々な国で製造販売されているCBDグミ、日本だとTHCが含まれているかどうかが安全性の基準となるでしょう。

ただ日本の法律では禁止されているもののTHCに毒性は無し、少量であればむしろCBDの効果を高めてくれる力を発揮することから海外製のものだと配合されている製品も多数あります。

個人的に輸入する場合はそういった製品に当たることもあるでしょう。

一定量以下ならば税関でもスルーされる場合も、とはいえまだ歴史の浅い分野だけに対応はその都度違ってきます。

どう対応すれば良いのかの指示がないままに1ヶ月近く足止めされることだってあります。

そもそも一定量以上入った製品を分からずに取り寄せてしまうこともあり、もしも逮捕されてしまったら困ります。

国産の品や日本で人気の高い信頼性のあるメーカーのものを選ぶべきなのです。

値段以上に品質にこだわらなければならないのは、CBDグミという名前で品質に問題ありの製品が市場にはたくさんありそうだからです。

例えば有害な農薬や重金属が入っていたり汚染物質が含まれていたり、法律云々の前に自身の身体が危険に冒されてしまうこととなります。

実際に海外では、CBD製品を使用したことで健康被害を受けたという例は多数報告されているのです。

CBDグミと称されていながらCBDがほぼ入っていなくて効果が得られなかったといった程度の被害ならば、まだ良かった方です。

そういった粗悪品を掴まされる方の多くは、信頼性以上に安さで選んでいることが多いです。

有害な成分はお値段が安く手に入ることから、相場より極端に安い製品を購入すると当たる可能性が一気に上がるのです。

CBDグミ事態のお値段は得したかもしれませんが、何らかの体調の異変が起きて病院に通うこととなったのであればトータルで考えれば高い買い物となってしまいます。

そもそもCBDとしての効果が得られないのなら、ただ身体に害を成すものをお金を出して購入したということになるのです。

CBD自体の安全性・有効性はきちんと確認されています。

その一方で、危険な製品が紛れ込んでいることは知っておきましょう。

ヘンプを原材料として作られていますが、そのヘンプ自体がどこで育てられたものかなども安全性には影響してきます。

やせた土地であってもどのような過酷な条件下でも成長する強い耐性を持つヘンプ、土の中にわずかにある栄養はもちろん

危険な汚染物質をも吸収して成長するのです。

あのロシアのチェルノブイリでは、原発で汚染された土壌から放射線を取り除く目的でヘンプが植えられたほどです。